« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

京都府農林水産フェスティバル

京都府農林水産フェスティバル表彰式典で、当社の契約米栽培農家でもある丹州河北農園の河北卓也さんが 京都府若手農林漁業者表彰 を京都府知事から受けられました。

おめでとうございますhappy01

また、京都府食品産業協会ブースでは京ブランド食品「京都吟味百撰」の紹介が行われました。

<当社出品酒>
 富翁 純米吟醸 丹州山田錦

〒612-8450
京都市伏見区竹田鳥羽殿町5
京都府総合見本市会館(パルスプラザ)
TEL 075-611-0011

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

京都産の酒米「祝」PRイベント

京都府酒造組合連合会とJA全農京都は、京都特産の酒造好適米「祝(いわい)」で醸造した日本酒をPRするイベントを京都・嵐山で行いました。

京都府内8つの蔵元が「祝」でつくった14種類の日本酒を用意し、有料試飲と即売を行いました。

<当社出品酒>
 富翁 純米吟醸 祝

秋の観光シーズンmaple
3連休初日の嵐山はすごい人でした。

〒616-8374
京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町18-1
ぶらり嵐山
TEL 075-873-1232

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

Fushimi Sake with ASI

伏見酒造組合では、国際ソムリエ協会総会と第1回アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクールの開催に合わせ世界各国から来日中のソムリエに「伏見の清酒」をPRするためのイベントを企画しました。

昼間は日本酒テイスティングと蔵見学や伏見散策

<当社出品酒>
 富翁 大吟醸 山田錦
 富翁 純米吟醸 丹州山田錦

〒612-8361
京都市伏見区片原町300-1
月桂冠 昭和蔵
TEL 075-623-2101

 

夜は大阪で日本酒アペリティフ&デイナー(この日は警備も厳重bleah

<当社出品酒>
 はんなり京梅酒 宇治玉露梅酒
 富翁 大吟醸 山田錦
 乾風 FIFA World Cup 純米酒

〒530-0005
大阪市北区中之島5丁目3-68
リーガロイヤルホテル 山楽
TEL 06-6448-1121

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

「龍馬伝」焼酎

200911幕末の志士、坂本龍馬ゆかりの地の酒造会社3社が共同で本格焼酎「龍馬伝」を開発し、龍馬の誕生日で命日の11月15日から一斉発売します。

商品は画像右から、
当社・北川本家(京都市伏見区)の「龍馬伝 京都風雲篇」(米焼酎)
菊水酒造(高知県安芸市)の「龍馬伝 土佐立志篇」(芋焼酎)
壱岐の華(長崎県壱岐市)の「龍馬伝 長崎希望篇」(麦焼酎)

各商品とも銘柄ともラベルに坂本家家紋をあしらい、化粧箱には日本地図や龍馬の手紙の一文を記しています。
いずれもアルコール分25%、720ML瓶詰。
希望小売価格(税込)は「京都風雲篇」と「長崎希望篇」が1,470円、「土佐立志篇」が1,600円です。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月10日 (火)

展示会

日本酒類販売(株) 中部支社主催の展示会「全国の蔵元からの新しい業務用商材の提案」に出展しました。

富翁 大吟醸 山田錦
富翁 大吟醸純米 吟の司
富翁 純米吟醸 祇園小町
はんなり京梅酒
宇治玉露梅酒
本格米焼酎 はんなり 他

〒453-0015
名古屋市中村区椿町6-9
名鉄ニューグランドホテル 扇の間
TEL 052-452-5511

| コメント (0) | トラックバック (0)

無濾過生原酒

新発売商品情報

本日、今年度の新酒第1弾として 富翁 無濾過生原酒 の蔵出し出荷を開始しました。

無濾過の生原酒ならではの新鮮で濃醇な味わいをお楽しみください。

一切濾過をしてませんのでオリが生じる場合がありますが品質には問題ありません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

JR京都伊勢丹

試飲即売情報

明後日11月 4日(水)から11月17日(火)まで JR京都伊勢丹 地下1階「和洋酒」売場で試飲会を開催します。

山紫水明 大吟醸
富翁 大吟醸 秘蔵酒
富翁 大吟醸純米 吟凛
富翁 大吟醸純米 吟麗
富翁 大吟醸純米 京のはないちりん(秋)
大吟醸純米 光源氏
富翁 純米吟醸 ひやおろし
富翁 純米吟醸 祇園小町 他

秋らしくなった京都へmaple
ぜひお立ち寄りください。

〒600-8555
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町657
TEL 075-352-1111(大代表)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »